NEWS RSS



prasthana 2021AW collection 7.23 [FRI] start

prasthana co., ltd. 代表/デザイナーの武井です。 NEWSの更新作業が定着せず、前回の記事からまた相当な時間(3ヶ月!)が経ってしまいました。この間にも世界は目まぐるしく変化していますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。僕はといえば千駄ヶ谷の直営店を昨年末にオープンして約半年強、現在はprasthana 2021AW collectionの立ち上がり準備と、さらに来季2022SS collectionの企画が大詰めといった状況の中にいます。ちょうど今くらいの時期は、量産立ち上がり&来季の展示会準備と、業務が渋滞しているタイミングなのはもはやお馴染みなのですが、今年も例に漏れずなかなか濃密な時間を過ごしています。さて、掲題の通り、7月23日(金)にprasthana 2021AW collectionが全国一斉立ち上がりとなります。(弊社ECサイトの更新は後日となりますので、まずは全国の取扱店様にてご覧下さい。)     今シーズンは、スタイリングJunya Chino氏、フォトグラファーJohn Clayton Lee氏、ヘアメイクTakayuki Nukui氏、という布陣でルックを撮影しました。21AWコレクション、いくつかあるキーワードのうちの大きな一要素として、素材感への拘りがあります。超上質なウールを始めとした奥行きのある生地の表情を最大限に表現する為、ルック撮影はロケではなくスタジオで行いました。生地感をしっかりと捉えつつ、巧みなライティングによる陰影に彩られた写真の質感は、過去シーズンには無かったテンションのアウトプットとなっているかと思います。企画の立案からパターン作成/修正、サンプル作成という工程が内に籠るというか、自分自身がコレクションと向き合う作業なので、自分以外のスタッフと共に作り上げるルック撮影という行為は、毎回新鮮な驚きがある最高の体験となっています。熱が見て下さる皆様まで届いていたら、更に最高です。21AW展示会時、敬愛する業界の大先輩からある言葉を頂きました。 曰く、[これまでのコレクションにも素材の選定やシルエットなど、光るものはあったが、所謂洋服としての外連味に欠けるところがあった。しかし今回のコレクションには特有の色気が出てきており、非常に良かった。] 僕は自分で言うのもなんですが割と真面目に物事に取り組むタイプで、デザインに関しても例外ではありません。prasthanaというブランド像を実直に作り上げてきた自負はありますが、あくまで自ら作り上げた型の中に収まるような表現に終始していなかったか、鑑みる機会となりました。他の分野、例えば音楽なんかでも演奏技術が高い事が最良かというと、必ずしもそうでもなかったりします。最低限表現したい事をアウトプットできるだけの技術を備えている事はもちろん大前提として、衝動や情熱みたいなものが技術を凌駕するシーンはこれまでに幾度となく体験してきましたし目撃もしてきました。表向きの装飾性やアイキャッチになるデザイン、という表層的な発想とは別次元の外連味を磨き上げ、積み上げてきたprasthanaのブランド像に融合していきたいと決意を新たにしております。 21AWデリバリーは今回の1st、8月に2nd、9月に3rdと続きます。宜しくお願い致します。

続きを読む



GUIDI 21SS NEW COLLECTION

prasthana co., ltd. 代表/デザイナーの武井です。3月内、prasthana 21AW展示会を開催していた為、千駄ヶ谷実店舗の営業をお休みしていました。前回の記事からしばらく時間が空いてしまいましたが、その間にprasthana 21SS新作に加え、セレクトブランドGUIDIの21SS商品のデリバリーがありましたので、今回はGUIDIについて。 イタリアのタンニングスペシャリストとして名高い、コンチェリア グイディ ロゼリー二社が2005年よりスタートしたプロジェクトであるGUIDIのコレクションは、大量生産ではなく伝統を織り交ぜたユニークな物を欲する人の為の靴を生み出しています。世界でも有数のタンナーが生み出す抜群の質感を誇るレザーはもとより、GUIDIの靴の美しさを形成する重要なファクターの一つに、オブジェクトダイイングと呼ばれる染色方法があります。全てのパーツを一揃いに縫い上げた後に染色をする事で、美しさを損なう事なく独自の色味を創出する事を可能としています。 モードやアルチザンといった文脈で語られる事が多い同ブランド、僕自身もGUIDIを知った最初の認識はそのような感じでした。日本では主にメンズシーンで紹介される事がほとんどで、所謂そういったスタイルを好む男性層に限定的に深く支持されている印象があります。もちろんそれはGUIDIのイメージの確実な(そして最も象徴的な)一側面であることに相違なく、スタイルを重視する男性諸氏は、GUIDIの持つ職人的技術とともに、そのプロダクトに強烈に魅了されるわけです。ですが、視野を海外にも向けてみると全世界的な需要はレディースシーンが80%、メンズシーンが20%、という割合だそうです。一例として、現在GUIDIの大きな市場の一つである中国においては、かつて ChanelやDIORといった一般的なラグジュアリーブランドの顧客だったセレブリティ層に熱烈に支持されており、その熱心なファン達からも同様に熱い視線を向けられている、との事です。 世の事象は発信の仕方一つ、提案の仕方一つで受け手に与える印象が大きく変容しますよね。営業活動やPRの手法、あとは代理店の有無等といった様々なファクターが作用して、先入観やとっつき辛いイメージを持たれてしまう事は往々にして起こり得ますが、そういった様々を一旦横に置いてシンプルに[最高峰の品質のプロダクト]として手に取ってみて下さい。所有者のみが体験し得る満足感は、代替が存在しない物であるはずです。   PL1 HORSE FULLGRAIN,FRONT ZIP BOOTS     PL0FZ HORSE FULLGRAIN,DECOLLETE,SOLE LEATHER     796ZI HORSE FULLGRAIN,BACK ZIP BOOT,SOLE LEATHER,METAL HEEL   G-BR18 ARGENT/SILVER925,LACED BRACELET     PKT1 SOFT HORSE FULLGRAIN,PASSPORT BAG     BLT0 BISON FULLGRAIN,UNISEX LEATHER BELT       他に、先行で入荷していたバックジップブーツ(788 HORSE REVERSE)、スリッポン(990E HORSE FULLGRAIN)、パスポートバッグ(PKT1 HORSE REVERSE)、ウォレット(WT01JP PRESSED KANGAROO)などもご用意ございます。 気になる事ございましたら些細な事でもご相談下さい。 宜しくお願い致します。

続きを読む



prasthana sendagaya online store renewal open

prasthana co., ltd. 代表/デザイナーの武井と申します。 昨年末、2020年12月19日にブランド設立当初からの目標の一つでありました、弊社ブランド prasthana の旗艦店 prasthana sendagaya store を、東京千駄ヶ谷エリアにオープン致しました。 2015年のブランドスタートより5年、ご愛顧頂いているお客様、お取引先様各位、応援して下さる方々に支えられ、ブランドとしても、また会社としても新たなフェーズに進む事ができました。 この場をお借りして御礼申し上げます。 さて、かねてより運営しておりました弊社 online store ですが、機能面やその他諸々の事情から、旗艦店オープンに合わせてリニューアルの準備を進めておりました。 そしてこの度、昨年末の実店舗オープンから少し時間が経ってしまいましたが、 新たな online store をスタートさせて頂く運びとなりました。 3月8日(月)〜4月1日(木)の間は、prasthana 21AW展示会開催に伴い、prasthana sendagaya store は店舗営業をお休み致します。 この間も online storeは常時稼働しておりますので、この機会に是非ご覧頂けますと幸いです。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、prasthana sendagaya store では、prasthana のフルコレクションを軸に、一部セレクトブランドの展開もしております。 2021SSシーズンの現時点では、GUIDI、iolom の2ブランドとなりますが、今後、状況を見ながらブランド数が増えていく事もあるかと思います。 こうしたセレクトブランドの作品群も、実店舗同様こちらの online store でも販売を致します。 セレクトの基準はシンプルで、僕自身が欲しいと思うか否か、です。 (prasthanaの構成も同様ですが) ジャンルは様々ですが、作り手としてリスペクトできる作品のみ厳選してお取り扱いしておりますので、prasthana 共々是非ご覧になってみて下さい。 今後、より情報の精度を上げ、皆様のお買い物の一助になっていけるよう精進して参ります。 何卒宜しくお願い致します。

続きを読む